EmiriSystem Version7.0(emiri7)の概要について機能面、技術面から説明します。

 

2007年2月 emiri7.1(Yurari誕生記念バージョン)の新機能です。マイナーチェンジですが兄弟姉妹をすこし意識したバージョンです。
  • 新フレーバ「フェミニンハート」をリリースしました。写真リンクを多数使ったフレーバです。Emiriパパにしてはめずらしく 少し可愛く仕上げました。フェミニンハートではカレンダー表示にちょっとした動きを入れたりできます。管理ページから設定してお試しください。
  • 兄弟姉妹リンク機能を強化しました。兄弟姉妹で2つの日記をお持ちの場合で相互に兄弟姉妹リンクを設定している場合、兄弟姉妹同日リンクが表示されます。 たとえば妹が生まれて4日目の日記はお姉ちゃんが生まれて4日目にリンクしています。妹の日記をつけながらそういえばお姉ちゃんはこれくらいのときどうだっただろう と思ったらすぐにリンクからお姉ちゃんのその日の日記に行けます。
  • 一つの日記で兄弟姉妹の日記をつけている場合に対応して誕生日を2つまで入れられるようにしました。これによって生まれてからの日数が2つ表示されます。
  • CD送付サービスで送付方法としてクロネコメール便と日本郵便エクスパックから選べるようになりました。
  • 兄弟リンクが設定されている場合の日記帳作成機能にあったバグをフィックスしました。
他にも新機能を準備中です。ご期待ください。

2007年9月17日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。

2007年9月7日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。

2007年8月30日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2007年1月5日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年12月26日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。

2006年10月7日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。

2006年10月4日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年9月20日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年9月19日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年9月12日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年9月11日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年9月5日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年9月4日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年8月31日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年8月30日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年8月29日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年8月28日現在の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年8月26日再開後の対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。
2006年8月25日現在で対策事項、未実装の機能、不具合のリストです。

機能面の特徴

技術面の特徴


これまでのバージョンアップの流れ
Version7へのバージョンアップの前に、2005年に一度バージョンアップを試みたことがあります。 そのときもスクラッチから書き直し始めたのですが、6割りくらい書いたところでどうしてもしっくりこなくなってしまったのと、 他の仕事が忙しくなってしまったことでこのコードは日の目を見ずにお蔵入りしてしまいました。 これがemiri6(EmiriSystem Version6)です。 実は一部の人は御覧になっていると思いますが我が家の娘のEmiriの日記だけがこのemiri6で運用されています(いました、現在はemiri7)。 βテストのつもりで使っていたのですが結局完成することはなく、今回emiri7として再び書き直すことになりました。
以下にこれまでのバージョンアップの流れを技術的な話題も含みながら、読み物として書いてみましたので、ご興味のある方は参考までにご覧ください。

  1. Version0.0 : photoshopで作った最初のカレンダー
    最初に娘の成長カレンダーをホームページとして作ろうとしました。使ったツールはAdobeのphotoshopです。一枚一枚写真をスライスして現在の写真カレンダーのHTMLに貼りつけて行きましたが、すぐに大変な作業であることがわかりました。このままではすぐに三日坊主なるなと考えたときに、奥さんでもできる自動化はできないものかと思い付きました。このときに作った成長カレンダーが今もEmiriSystemの写真カレンダーとして活かされています。まだ生まれて2週間くらいのことです。

  2. Version1.0 : cshで書いた最初のバージョン
    信じられないことですが、とりあえず急いで動かしたかったので最初のバージョンはcshで書きました。まだCGIなどに詳しくなかったのですが、今ではよくcshで書けたなと思います。grep,sed,awkなどの嵐で、画像のアップロードにだけperlのCGI_Liteを使っていました。このころはcshをコマンドラインで動かして、そのたびに新しい日付の日記のHTMLが生成されるというものでした。娘が生まれてまだ1、2ヶ月ころです。

  3. Version2.0 : perlで書き直したバージョン
    cshではすぐに限界がきたのでそれまで使ったことはありませんでしたがCGIの記述言語として優れていると聞いていたPerlを選択しました。そしてEmiriパパは2001年の11月2週間ほど仕事で幕張のホテルに滞在していたのですが、この滞在期間中に一気にperlへの移行を果たしました。このときに思い付いたのがお友達リンク機能やメッセージ機能などです。この機能を思い付いたときにはものすごくわくわくしたものです。
    Perl版と行ってもまだ動的システムではなく、CGIが起動されると静的にHTMLを生成するというものでしたが、独自のテンプレートエンジンやカスタマイズ機能など、現在のEmiriSystemが持っているほとんどの機能はこのバージョンで実現されたまさに記念すべきバージョンです。現在のブログやSNSにもひけをとらない育児日記特化型のエンジンが完成したのです。
    そして、サーバを公開して九州と四国の祖父母に日記を見てもらえるようになりました。祖父母もこの日記のためにパソコンを勉強しました。遠方ながらとてもよい親孝行ができましたと思っています。。そして産院がいっしょだった小数のお友達にこの育児日記システムを公開しました。2001年のことですからまだブログなどはなかった時代です。それでもできたてのこの育児日記システムをとても喜んで受け入れてもらえたことはEmiriSystemのその後の発展に大きなはげみとなりました。夏に生まれた娘は冬を過ごして最初の春を迎えようとしていました。公開したサーバは自宅のISDN回線でつながった自作PCという貧弱ものでしたが、娘の成長とともにこのサーバには夢がいっぱいつまっていました。

  4. Version3.0 : すべての動的ページにしたバージョン
    ページのデザイン変更などの機能を加えて、日記としてのページ数が増えて行くと静的ページでは対応できなくなってきました。例えば見栄えをちょっと変えるとすべてのページを作りなおさなければならないからです。そこですべてのページをCGIが動的に生成するような仕組みに置き換えました。ちょうど口込でユーザが60名くらいになっていました。ユーザがふえて驚くとともに大切な日記を預る責任を感じ始めていました。運営については、他のレンタル日記のように広告モデルをとることも考えましたが、どうしても子どもの日記の一部に広告が入ってしまうの抵抗がありました。それにEmiriSystemはEmiriパパがデザインいたシンプルなデザインを維持したかったという思いもありました。ISDN回線、ユーザの増加、など運営を真剣に考えなければならない時期にきていました。

  5. Version4.0 : データベースMySQLを導入したバージョン
    ユーザは100名くらいになりました。Emiriパパは運用をどうするかなやんでさまざまな企業や機関に協力してもらえないか、訪問をしたり手紙を書いたり、メールを書いたりしていました。そんな中、ベンチャ企業を起こした友人がサーバを貸してくれることになりました。感謝の言葉もありません。サーバは間借りでしたがこれで本当にEmiriSystemはインターネット上に住所を得ました。
    そしてこのときにそのベンチャー企業のシステムもちょっと勉強させてもらいDBの導入が必要であることを感じました。なんとそれまでのEmiriSystemはDBを使わずにすべてテキストファイルに保存していたのです。お友達リンクの機能などもファイル管理だったのです。いまでは驚きとしかいえません。このときにMySQLにすべてのデータをいれました。やっとASPとして形になったところです。また夏が来ようとしていました。娘も1才になります。

  6. Version5.0 : オブジェクト指向Perlに書き直したバージョン
    Perlはものすごく奥が深い言語であることがわかってきました。それまでは単なるスクリプト言としてしか使っていませんでしたが、Emiriパパの専門であるオブジェクト指向言語としても十分に使えることがわかりました。そこで新たにクラスを設計しそのフレームワークの上で再実装しました。オブジェクト指向を用いたことでずいぶんと見通しのよいコードになりました。またDBとの連係を強化ました。DBの仕様とプログラムの仕様がしっかりと同期するようなシステムにしたかったのです。emiri7ではこの思想が究極まで実装されることになしました。娘は2歳になっていました。このバージョンはその後長い間メジャーバージョンとして運用され、1200名ものユーザの日記を扱うシステムに成長しました。十分に役目ははたしたと思っています。
    途中、携帯からのアップロード機能を追加するとマイナーチェンジを行いました。

  7. Version6.0 : 独自開発フレームワークSCTLで書き直したバージョン
    オブジェクト指向を導入したことで欲がでてきました。アプリケーションフレームワークをEmiriSystem固有の部分と、それ以外の汎用的な部分にきれいにわけてさまざまなASPが簡単に作られるフレームワークを目指すという他かい志のもと2005年に開発に着手しましたが、スクラッチからの開発になったこともあって開発は難航しました。またmod_perlに対応することを前提に開発したのですが、勉強不足もあってmod_perl下では不安定な要素がぬぐいきれませんでした。その後、Perlの勉強がすすんだことやPHPなどの他の開発言語にも精通したことからリリース前にこのバージョンは陳腐化してしているように見えました。結局我が家のサーバでのみ動作させてみましたが、正式にリリースすることはなかった幻のバージョンとなりました。

  8. Verion7.0:そして開発したのが今回のemiri7です。
    これまでの経験からさまざまに新しいことに取組ながらも、セキュリティや安定性、スケーラビリティを最優先した次期のメジャーバージョンとなる新バージョンの登場です。詳細はEmiriSystem Version7リリースノートに譲りますが、今後しばらくはこのバージョンのお世話になり、ますますお友達を増やせて行けたらと考えています。

  9. Version7.1:Emiriの妹、Yurariの誕生記念バージョンです。マイナーチェンジとしてフレーバの追加、兄弟姉妹リンクの機能追加などを行いました。

Google AdSenseによるPR